本来やりたかった学問に集中することができない・・・というのも源内先生は、日本史上でも数少ない天才、または奇才の人と称され、本草学者、蘭学者、(医者)、作家、発明家、画家(蘭画家)でもあり、また源内焼きなどの焼き物を作成したりと、多彩な分野で、その溢れる才能を発揮しておりました。
松平藩にその才能を買われ再雇用されましたが源内先生はさらに学問に集中したいと望むようになりました。その為に・・・
 
     
 
画像協力:焙煎元「和楽」