平賀源内先生は高松藩の家臣としてとしての仕事に毎日追われるばかりでは・・・・
 
     
 
画像協力:焙煎元「和楽」